簡単にFBAへ納品できて手数料や粗利も自動計算で済ます方法

Amazonでせどりや販売をするときに使える便利なFBAサービス。
とても便利なサービスなのですが、管理するのが大変で手間がかかります。正直めんどくさいというのが本音だと思います。

本音

・出品や納品するときに商品のジャンルや状態ごとにひとつずつコメントをつけるのが面倒
・複数の商品を一括で出品できないのが面倒
・仕入れ価格を管理するのが面倒
・手数料や粗利をひとつずつ管理するのが面倒
・在庫の管理や発送、梱包が面倒
・出品価格やポイント付加などの管理が面倒
・面倒なことが多すぎてモチベーションが下がる

そこで、簡単に納品や手数料計算ができて、モチベーションが維持できて、販売価格やポイントで失敗しない方法を調べてみました。

FBAとは

FBAの正式名称は「フルフィルメント by Amazon」です。簡単にいうとAmazonが提供する販売業務効率化サービスということですね。

FBAのメリット

1.在庫管理の手間がない

個人で在庫管理をするのはとても大変です。たくさんの時間と労力がとられます。ですが、Amazonは在庫管理のプロです。餅は餅屋に任せましょう。
FBAを使うとAmazonが在庫を保管・管理してくれます。面倒な在庫管理を任せてしまえば仕入れと販売に集中することができますし、在庫スペースを確保する必要がなくなりますね。

2.梱包・発送の手間がない

FBAサービスを使ってAmazonに商品を送っておくとその商品が売れたときに梱包して発送までしてくれます。この梱包して発送するという動きも個人でやるととても面倒ですよね。これもおまかせできるわけです。

3.購入者の送料が無料になる。

お客様の立場になって考えると送料無料はうれしいですよね。同じ商品を同じ価格で買うなら送料がかかる出品者よりも送料無料の出品者から買うのが普通です。

4.代金引換で販売できる

通常であればAmazonで販売する場合、クレジットカード決済で商品を販売することになりますが、お客様の中にはクレジットカード決済が使えない方が常に一定数います。代金引換がつかえればクレジットカード決済が使えないお客様でも買えるようになりますよね。

5.お急ぎ便が使える

FBAで預けた商品はAmazonの物流センターから発送されるので、お客様はお急ぎ便の申し込みができます。ネット通販ではすぐにほしいというお客様も多いので、お急ぎ便が使えた方が販売しやすいということになります。

FBAのデメリット

デメリットは手数料がかかるということです。これは月額いくらというものではなく、実際に商品が売れた場合に手数料が発生するということです。ただし、この手数料は上記のメリットを踏まえると大したデメリットではありません。
なぜなら、商品価格に上乗せすることができるからです。つまり、お客様は「商品価格1000円+配送料640円」の商品よりも「商品価格1200円+配送料無料」を選ぶということです。

結論:FBAは使ったほうが断然有利

もう一声!便利なツールがほしい!

FBAは使ったほうがいいことが分かりました。でも、もっと大事で面倒なことってありますよね。
それは価格の管理とモチベーションの維持です。
そこで、いろいろと調べてみたことろ、見つけました。


プライスター日本版30日間無料

プライスターというのはAmazonの「外部企業による提供ツール」のページでも紹介されているサービスで、以下の機能があります。

・カンタン出品機能
・ポイントを含めた価格の自動変更
・売れたもの検索機能
・売上、手数料、利益自動計算機能
・プライスターユーザーの月間売上ランキング機能
・同一商品の価格やランキングをグラフ表示

これは便利ですよね。しかも、

・Webサイトにログインして使うタイプのツールなので、面倒なインストールや設定が不要。
・設定時間は約3分
・申し込まなくても使い方マニュアルがダウンロードできる。
・設定するとAmazonからデータを取得して1時間くらいですぐ使える
・30日間の無料お試し期間がある。

FBAとプライスターを組み合わせれば売上ランキングを見ながら楽しく販売できそうですね。
無料お試し期間もあるので、とりあえず使ってみるというものアリなのではないでしょうか。



プライスター日本版30日間無料

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする